風花(読み)かざはな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

風花
かざはな

晴天の空からが降ってくる現象。高い山の風下側で,山越えの風に乗って雪片が飛来することが多い。降雪の雲の本体は風上側に残され,風下は乾燥した下降気流が卓越するために晴天となり,雪片だけが舞ってくる。寒さが厳しい北西の季節風の強い日に,山の風下側で多くみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かざ‐はな【風花】

《「かざばな」とも》
晴天に、花びらが舞うようにちらつく雪。山岳地帯の雪が上層気流に乗って風下側に落ちてくるもの。 冬》「山国の―さへも荒けなく/虚子
初冬のころの晴れた日、風が吹き始める前などに、雨や雪がぱらぱらと降ること。
風疿(かざほろし)」に同じ。
[補説]書名別項。→風花

かざはな【風花】[書名]

俳句雑誌。月刊。昭和22年(1947)、中村汀女の主宰により創刊。汀女没後は長女の小川濤美子(なみこ)が継承した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

風花【かざはな】

青空が広がっているのに降ってくる雪。遠くの山岳に降る雪が上層の強風に送られて舞ってくるような場合に起こる。群馬県などでよく見られる。雪に限らず雨のこともあり,総じて天泣(てんきゅう)ともいう。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

風花

1959年公開の日本映画。監督・脚本:木下恵介、撮影:楠田浩之。出演:永田靖東山千栄子、細川俊夫、井川邦子、久我美子和泉雅子、平岡佳代子ほか。

風花

2001年公開の日本映画。監督:相米慎二、原作:鳴海章、脚本:森らいみ、美術:小川富美夫。出演:小泉今日子、浅野忠信、麻生久美子、尾美としのり、小日向文世、木之元亮、寺田農ほか。第56回毎日映画コンクール美術賞受賞。北海道を舞台とするロードムービー。相米慎二の遺作。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

かざはな【風花】

〔「かざばな」とも〕
晴天にちらつく小雪片。降雪地から風に吹かれて飛来してくる小雪。 [季] 冬。
冬の初め頃に、風がさっと吹き、雪や雨がぱらつくこと。 「 -のうちは居つづけ煮えきらず/柳多留拾遺」
風疿かざほろし」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

風花
かざはな

雲の少ない晴天に舞う雪のこと。遠くの山岳方面が風雪となっているとき、その雪片が上空の風にのって、風下の晴れた山麓(さんろく)方面に飛んでくることがあり、群馬県などでよくみられる。[平塚和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かざ‐ばな【風花】

〘名〙 (「かざはな」とも)
① 空が曇り、吹き出した風にまじって舞い落ちる雪片やあられ、みぞれなどをいう。また、降雪地から遠く風に乗って飛来したかと思われる雪片。《季・冬》
※俳諧・犬子集(1633)二「ちりて又風花となる桜かな〈盛一〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風花の関連情報