コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風草 カゼクサ

デジタル大辞泉の解説

かぜ‐くさ【風草】

イネ科の多年草。野原・路傍に群生し、高さ40~50センチ。葉は細長く、8~10月、まばらな穂を円錐状につける。うらはぐさ。かぜしりぐさ。風知草(ふうちそう)。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かぜくさ【風草】

イネ科の多年草。路傍に普通に見られる。葉は線状。秋、小穂が多数集まって高さ30センチメートルほどの紫褐色の円錐花序をつくる。ミチシバ。カゼシリグサ。風知草ふうちそう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

風草 (カゼクサ)

学名:Eragrostis ferruginea
植物。イネ科の多年草

風草 (カゼクサ)

植物。マメ科の落葉低木。ハギの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

風草の関連キーワード安成 貞雄安達清河栗原桶川ミチシバ金子万岳カゼクサ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android