飛車取王手(読み)ひしゃとりおうて

  • ひしゃとりおうて ‥ワウて

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 将棋で、打った一手が飛車手と王手の両手になること。王手飛車。飛車手王手。
※滑稽本・和合人(1823‐44)三「自身番で、飛車取王手をわらふやうに、かく有りたきもいい」
② (比喩的に用いて) 二つのうち、どちらかを確実に実現させようとする方策。両天秤。
※人情本・春色梅美婦禰(1841‐42頃)三「本街道を迯れば追手に取巻れるだらうし、閑道へかかれば狼が居るといふし、飛車取り大手を喰ったのだア」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android