コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食道神経症 しょくどうしんけいしょうneurosis of the esophagus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

食道神経症
しょくどうしんけいしょう
neurosis of the esophagus

精神的要因から食道症状が現れるものと,神経の異常のために食道の機能障害が生じるものとがある。おもなものに,食道けいれん症,食道アトニー,食道麻痺,のどの異常感,アカラジア,食道性嘔吐などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

家庭医学館の解説

しょくどうしんけいしょう【食道神経症 Neurosis of the Esophagus】

[どんな病気か]
 ふつう、食道に異常がないのに、なんらかの食道の症状が存在する場合に用いられる病名です。
 このうち、「食道にものがつかえている」「食物がのどにつかえている」などの症状を示すものを食道知覚過敏症(しょくどうちかくかびんしょう)といいます。また、「ものが飲み込めない」「胸の中が圧迫されるようだ」「胸の中が焼けるようだ」などの症状を示すケースもあり、食道がけいれんするためにおこると考えられていて、食道けいれん症といいます。
 髄膜炎(ずいまくえん)、てんかん、破傷風(はしょうふう)などの中枢神経系(ちゅうすうしんけいけい)の病気でも食道神経症と似た症状がおこりますが、ふつう、これらは食道神経症には含めません。
[治療]
 扁桃肥大(へんとうひだい)、甲状腺腫(こうじょうせんしゅ)、慢性喉頭炎(まんせいこうとうえん)などの症状のことがあって、この場合は、これらの病気の治療で解決します。
 もっとも多いのは、神経症性障害によるもので、鎮静薬や精神療法が効果があります。

出典 小学館家庭医学館について 情報