コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食道神経症 しょくどうしんけいしょう neurosis of the esophagus

2件 の用語解説(食道神経症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

食道神経症
しょくどうしんけいしょう
neurosis of the esophagus

精神的要因から食道の症状が現れるものと,神経の異常のために食道の機能障害が生じるものとがある。おもなものに,食道けいれん症,食道アトニー,食道麻痺,のどの異常感,アカラジア,食道性嘔吐などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

しょくどうしんけいしょう【食道神経症 Neurosis of the Esophagus】

[どんな病気か]
 ふつう、食道に異常がないのに、なんらかの食道の症状が存在する場合に用いられる病名です。
 このうち、「食道にものがつかえている」「食物がのどにつかえている」などの症状を示すものを食道知覚過敏症(しょくどうちかくかびんしょう)といいます。また、「ものが飲み込めない」「胸の中が圧迫されるようだ」「胸の中が焼けるようだ」などの症状を示すケースもあり、食道がけいれんするためにおこると考えられていて、食道けいれん症といいます。
 髄膜炎(ずいまくえん)、てんかん破傷風(はしょうふう)などの中枢神経系(ちゅうすうしんけいけい)の病気でも食道神経症と似た症状がおこりますが、ふつう、これらは食道神経症には含めません。
[治療]
 扁桃肥大(へんとうひだい)、甲状腺腫(こうじょうせんしゅ)、慢性喉頭炎(まんせいこうとうえん)などの症状のことがあって、この場合は、これらの病気の治療で解決します。
 もっとも多いのは、神経症性障害によるもので、鎮静薬や精神療法が効果があります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

食道神経症の関連キーワードコステン症候群何心地変質者ドンナ食道無ぜん(蠕)動子どもの食道裂孔ヘルニアのどの異物感機械的食道損傷食道気管・気管支瘻食道の良性腫瘍

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

食道神経症の関連情報