コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯塚盞瓶(読み)いいづか さんぺい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯塚盞瓶 いいづか-さんぺい

1752*-1816 江戸時代中期-後期の武士,狂歌師。
宝暦元年12月1日生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩士。鷹方(たかかた)支配,町奉行などをつとめる。狂歌をはじめ,和歌,漢詩,俳諧(はいかい)をよくし,朋誠堂喜三二,大田南畝(なんぽ)ともまじわった。文化13年5月24日死去。66歳。本姓は平元。名は恰(ゆたか)。別号に紀勝也,酒内直寝,酒袋粕,燕雀坊。著作に「伊呂波(いろは)短歌」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる