コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯岡秀安 いいおか ひでやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯岡秀安 いいおか-ひでやす

1782-1856 江戸時代後期の歌人。
天明2年生まれ。大和(奈良県)吉野郡の人。書,和歌をまなび,飯岡家の養子となる。京都で本願寺の僧知順,中山忠能(ただやす)らと交遊した。安政3年7月死去。75歳。通称は安右衛門,治右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

飯岡秀安の関連キーワードフェイト川本幸民マクスウェル(James Clerk Maxwell)天明の飢饉フェイト石谷清昌ラーマ[1世]イェルムティプ・スルターン児童文学

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android