コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯田神左衛門尉 いいだ しんざえもんのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯田神左衛門尉 いいだ-しんざえもんのじょう

?-1274 鎌倉時代の武士。
貞永(じょうえい)元年(1232)対馬(つしま)(長崎県)に流される。寛元4年宗重尚(そう-しげひさ)が,大宰府(だざいふ)に服従しない対馬の阿比留(あびる)国時(一説に国信)を攻めたとき,重尚をたすけて功をたてる。平定後,上県郡(かみあがたぐん)伊奈など国時の旧領をあたえられたという。文永11年10月2日死去。名は清安,のち国安。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

飯田神左衛門尉の関連キーワード貞永

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android