コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勘仲記(読み)かんちゅうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勘仲記
かんちゅうき

鎌倉時代後期の公卿藤原兼仲の日記。建治1 (1275) ~永仁2 (94) 年のものが現存。欠けている部分もある。兼仲は祖父以来京都の勘解由小路 (かでのこうじ) に住み,この地名を氏の号としていたので,後人が,その「勘」と名の「仲」をとって記名とした。荘園所領関係をはじめ,元寇,大覚寺,持明院両統迭立などに関する記事に富み,政治史に関する好史料。『史料大成』所収。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんちゅうき【勘仲記】

鎌倉時代の公卿、権中納言勘解由小路兼仲(かでのこうじかねなか)の日記。文永11年~正安2年(1274~1300)に至る記録。兼仲卿記。兼仲御記。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

勘仲記【かんちゅうき】

鎌倉時代後期の公家である権中納言(ごんのちゅうなごん)藤原兼仲(かねなか)の日記。兼仲の家は,京都の居所によって家名を勘解由小路(かげゆのこうじ)(現在の京都市上京区にあたる)と称しており,これが書名の由来。《兼仲卿記》《勘解由小路中納言記》などともいう。記事は1268年から1300年に及ぶが,欠けた部分が多いのが惜しまれる。兼仲は朝廷の文書の出納(すいとう)を司っていた関係で,朝廷内の政治状況,朝廷と鎌倉幕府の交渉,大覚寺統持明(じみょう)院統の対立の実相などに詳しく,鎌倉後期の動きを正確に記述している。特に弘安の役についての記述は,本書のものが最も信頼できるという。なお兼仲の父経光(つねみつ)は《民経記(みんけいき)》の著者として有名。→両統迭立

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんちゅうき【勘仲記】

鎌倉後期の公家,権中納言藤原兼仲の日記。その居処によって家名を勘解由小路(かげゆのこうじ)と称したので名づけられた。別に《兼仲卿記》《兼仲記》《勘解由小路中納言記》ともいう。1268年(文永5)から1300年(正安2)までの鎌倉後期の代表的な公家日記である。現存するものは文永6‐11年,弘安8年‐正応3年,永仁3年‐正安1年を欠く。写本によって冊数は一定しないが,東洋文庫本が最もよい。《史料大成》に九条家本を底本として収載されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんちゅうき【勘仲記】

勘解由小路かでのこうじ(藤原)兼仲(1244~1308)の日記。1268年から1300年に至る。中間には欠けた部分が多い。弘安の役そのほかの政治動向について、正確で重要な記述が多い。兼仲卿記。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勘仲記
かんちゅうき

『兼仲卿記(かねなかきょうき)』ともいう。中納言(ちゅうなごん)勘解由小路(かでのこうじ)(藤原)兼仲(1244―1308)の日記。日記名は、家名と記主名から1字ずつとって後人が名づけたもの。日記の範囲は1268年(文永5)から1300年(正安2)までで、中間に散逸した部分も多い。兼仲は、朝廷の文書を取り扱う弁官(べんかん)や蔵人(くろうど)などを歴任しているため、当時の事件に関する記事を載せている。蒙古(もうこ)襲来、鎌倉将軍の廃立、大覚寺(だいかくじ)・持明院(じみょういん)両統の対立などに関する記事は有名である。自筆本が東洋文庫に現存する。『史料大成』所収。なお自筆本には紙背文書があり、『鎌倉遺文』に収められている。父の経光(つねみつ)にも『民経記(みんけいき)』(別名『経光卿記』)がある。[益田 宗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android