伊奈(読み)いな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊奈
いな

茨城県南部,つくばみらい市東部の旧町域。牛久沼西方に位置する。 1954年三島村,谷井田村,豊村,小張村の4村が合体して伊奈村となり,1955年久賀村の一部と板橋村を編入。 1985年町制。 2006年谷和原村と合体してつくばみらい市となった。水稲単作地帯であるが,都心から 40km圏内に位置し,宅地造成が進んだ。江戸時代の探検家間宮林蔵の生地。不動院,善空寺などの古刹があり,愛宕神社には国の重要無形民俗文化財の「綱火」が伝わる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊奈
いな

茨城県南部、筑波(つくば)郡にあった旧町名(伊奈町(まち))。現在はつくばみらい市の東部を占める地域。旧伊奈町は1985年(昭和60)町制施行。2006年(平成18)同郡谷和原(やわら)村と合併して市制施行、つくばみらい市となった。旧町名は小貝(こかい)川治水に努めた関東郡代伊奈忠次(ただつぐ)(1550―1610)にちなむ。旧町域は常陸(ひたち)台地と小貝川流域低地からなる。つくばエクスプレスが通じる。また、JR常磐(じょうばん)線取手(とりで)駅からバスの便がある。稲作農業が主で、ゴルフ場も多い。探検家の間宮林蔵の生家と、小張松下流綱火(つなび)(別名、三本綱からくり花火)、高岡流綱火(別名、あやつり人形仕掛け花火)が有名で、ともに国指定重要無形民俗文化財。宅地化が進み、東京への通勤者が増加している。[櫻井明俊]
『日置知翁編著『伊奈村誌』(1957・伊奈村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊奈の関連情報