コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯田秀雄 いいだ ひでお

2件 の用語解説(飯田秀雄の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

飯田秀雄

江戸後期の国学者・加知弥神社神主。通称円之助・大蔵・築前守、号は樟斎。加知弥神社神官倍秀の次男。因幡気多郡生。衣川長秋に入門、のち本居大平に国学を加納諸平に和歌を学ぶ。鳥取藩の歌風と古学の面目を一新するのに大きな役割を果した。また神職自葬も建言した。著書に『樟斎集』がある。安政6年(1859)歿、69才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯田秀雄 いいだ-ひでお

1791-1859 江戸時代後期の国学者,歌人。
寛政3年8月15日生まれ。飯田俊子・年平の父。因幡(いなば)(鳥取県)加知弥(かちみ)神社の神職。衣川(きぬがわ)長秋に師事したのち,天保(てんぽう)3年から紀伊(きい)和歌山で本居大平(もとおり-おおひら),加納諸平(もろひら)にまなぶ。5年帰郷して古学と和歌をおしえた。安政6年3月7日死去。69歳。号は樟斎。歌集に「樟斎集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

飯田秀雄の関連キーワード戒言国学者佐々木親覧三鍼那須高堅堀江宗彰真野可亭吉田蕃教若松則文和田宗淳

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone