コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カレイ

デジタル大辞泉の解説

かれい〔かれひ〕【×餉】

かれいい」の音変化。
「常知らぬ道の長手をくれくれといかにか行かむ―はなしに」〈・八八八〉

かれ‐いい〔‐いひ〕【×餉/飯】

炊いた米を乾燥させたもの。旅行などに携帯した。ほしいい。かれい。
「木の蔭に下りゐて、―食ひけり」〈伊勢・九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かれい【餉】

「かれいい(乾飯)」の転。 「いかにか行かむ-はなしに/万葉集 888

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

餉の関連キーワード博物館さがの人形の家仏餉袋・仏聖袋仏餉田・仏聖田破子(破籠)補陀洛山寺馬形の障子餉笥・樏子弥彦(村)京餉・留支菖蒲の輿こてこて手水の間夜の御殿山西商人煤籠もり仙台虫喰朝餉の間認める雑餉隈方上荘

餉の関連情報