コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

養方軒パウロ ようほうけん パウロ

2件 の用語解説(養方軒パウロの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

養方軒パウロ ようほうけん-パウロ

?-1595 戦国-織豊時代のキリシタン。
永禄(えいろく)3年京都で受洗。堺(さかい)で医業に従事したのち,島原におもむきイエズス会にはいる。豊後(ぶんご)(大分県)府内のコレジヨ日本語教師となり,キリシタン文献・聖人伝などの翻訳や編集にあたった。文禄(ぶんろく)4年死去。若狭(わかさ)(福井県)出身。本名は不詳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

養方軒パウロ

没年:慶長1(1596)
生年:永正5頃(1508)
室町後期から安土桃山時代のキリシタン。本名不詳,イエズス会目録類には「Yofoqen Paulo」「Yofo」とある。若狭(福井県)生まれの医師。永禄3(1560)年にG.ヴィレラから受洗,同8年アルメイダ神父に伴われ,豊後(大分県)に下りイエズス会に入会。同地のコレジョで日本語の教授をするとともに翻訳に従事した。現存最古のキリシタン版サントスの御作業』(1591刊)の4編の聖人伝が彼の訳と記されている。そのほか,J.ロドリゲスの『日本大文典』などに断片的にパウロの文が引用されていることから,存在の推定される「物語」があるとされる。キリシタン版の作品に翻訳者として名を記されている数少ない者のひとり。<参考文献>土井忠生『吉利支丹文献考』

(大塚光信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

養方軒パウロの関連キーワード文閑山岡如軒安土桃山時代キリシタン文学黒田如水天王寺屋日本史横目付寺預け小野木シメオン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone