コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

餛飩 コントン

デジタル大辞泉の解説

こん‐とん【××飩】

《「こんどん」とも》中国から伝わった食品の一。麦粉をこねて、刻んだ肉を包んで煮たもの。平安時代宮中節会(せちえ)などに供せられた。また、小麦粉のだんごに餡(あん)を入れて煮たもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こんとん【餛飩】

〔「こんどん」とも〕
小麦粉を練って肉・あんなどを包み、煮たり蒸したりした菓子。平安時代、宮中の節会せちえなどに供された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の餛飩の言及

【うどん(饂飩)】より

…小麦粉でつくるめん類の一種。名称は奈良時代に中国から渡来した唐菓子の餛飩(こんとん)からの転化で,いつの間にか饂飩,温飩と書かれ,〈うんどん〉〈うどん〉と呼ばれるようになったが,中身は別物である。近世に饂飩といったのは中国の切麵(せつめん)で,日本の切麦(きりむぎ)にあたる。…

【金団】より

…それはケシやサンショウをすり混ぜたくず粉のだんごをみそ汁仕立てにするというもので,料理法もちがえば,手づかみで食べられるものでもなかった。このきんとんはあまり行われなかったとみえて,その後ふっつりと姿を消してしまうが,おそらく唐菓子の餛飩(こんとん)あたりに起源をもつもので,いまも各地で行われている〈ほうとう〉やうどんに吸収されたものであろう。さて,現在きんとんといえばまず正月料理などに使うそれを指す。…

【和菓子】より

…唐菓子には多くの種類があった。《和名抄》などが〈八種唐菓子〉と呼ぶ梅枝(梅子)(ばいし),桃枝(桃子)(とうし),餲餬(かつこ),桂心(けいしん),黏臍(てんせい),饆饠(ひら∥ひちら),子(ずいし),団喜(だんき)(歓喜団(かんぎだん)とも)のほか,餅腅(へいだん),粉熟(ふずく),索餅(さくべい)(麦縄(むぎなわ)),捻頭(ねんとう),結果(加久縄)(かくなわ∥かくのあわ),糫餅(曲)(まがり),餛飩(こんとん),餺飥(はくたく),餢飳(伏兎)(ぶと),粔籹(興米)(おこしごめ),煎餅などがあったという。八種唐菓子のうち,《和名抄》に製法の記載があるのは餲餬と黏臍で,いずれも小麦粉をこね,前者は蝎虫(かつちゆう)(サソリとも,キクイムシともいう),後者は臍(へそ)形にして油で揚げたものとなっている。…

※「餛飩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

餛飩の関連キーワードワンタン(雲呑)うどん(饂飩)節会饂飩菓子