館山平野(読み)たてやまへいや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

館山平野
たてやまへいや

千葉県南西部,房総半島南部,館山湾に臨む小平野。東西に延びる二つの断層崖に挟まれた幅 5kmほどの地溝帯で,北側の断層崖は館山市北部の那古付近から太平洋岸の和田にいたり,南側の断層崖は洲崎から千倉を結ぶ線上にある。条里制の遺構と国府跡があり,古くから開発されていた。中心都市は館山市。水田が多く,縁辺部では柑橘類などが栽培される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android