館山湾(読み)たてやまわん

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕館山湾(たてやまわん)


千葉県南部、房総(ぼうそう)半島南西部の東京湾口に位置する湾。沿岸は遠浅で、点在する岩礁地帯を除き好停泊地。南房総国定公園に属する景勝地で、海水浴・釣りなどの観光客でにぎわう。鏡ヶ(かがみが)浦ともいう。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

館山湾
たてやまわん

千葉県南部、浦賀水道に臨む館山市にある湾。北は大房岬(たいぶさみさき)、南は洲崎(すのさき)に囲まれた海域で、鏡ヶ浦(かがみがうら)ともよばれる。断層によって形成された波静かな湾奥には4キロメートルの砂浜が続き、内房(うちぼう)有数の海水浴場として利用される。1930年(昭和5)に館山海軍航空隊が置かれて軍都となったが、今日鷹(たか)ノ島が埋め立てられて海上自衛隊館山航空基地となっている。北の船形(ふなかた)漁港ではカツオ餌(えさ)に使うカタクチイワシの生産が多い。[山村順次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

館山湾の関連情報