コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

館山湾 たてやまわん

4件 の用語解説(館山湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

館山湾
たてやまわん

別称鏡ヶ浦。千葉県南西部,房総半島南西端の湾入。北は大房岬,南は洲崎にはさまれる。カツオ漁業の基地。南房総国定公園に属し,海水浴場もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たてやま‐わん【館山湾】

千葉県南西部、浦賀水道に面した湾。北は大房(だいぶさ)岬から南は洲崎(すのさき)に囲まれる。湾奥には約4キロメートルの砂丘が続き、海浜は海水浴場としてにぎわう。南房総国定公園の一部。湾内が波静かで鏡の面に似ていることから「鏡ヶ浦」ともいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕館山湾(たてやまわん)


千葉県南部、房総(ぼうそう)半島南西部の東京湾口に位置する湾。沿岸は遠浅で、点在する岩礁地帯を除き好停泊地。南房総国定公園に属する景勝地で、海水浴・釣りなどの観光客でにぎわう。鏡ヶ(かがみが)浦ともいう。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

館山湾
たてやまわん

千葉県南部、浦賀水道に臨む館山市にある湾。北は大房岬(たいぶさみさき)、南は洲崎(すのさき)に囲まれた海域で、鏡ヶ浦(かがみがうら)ともよばれる。断層によって形成された波静かな湾奥には4キロメートルの砂浜が続き、内房(うちぼう)有数の海水浴場として利用される。1930年(昭和5)に館山海軍航空隊が置かれて軍都となったが、今日鷹(たか)ノ島が埋め立てられて海上自衛隊館山航空基地となっている。北の船形(ふなかた)漁港ではカツオ餌(えさ)に使うカタクチイワシの生産が多い。[山村順次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

館山湾の関連キーワード内房浦賀水道富津美浜千葉県南房総市大井千葉県柏市水道橋富浦〈町〉富山〈町〉千葉県南房総市宮下千葉県南房総市山下

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

館山湾の関連情報