コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

首引 クビヒキ

3件 の用語解説(首引の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くびひき【首引】[狂言]

《「くびびき」とも》狂言。印南野(いなみの)で鬼に出会った鎮西八郎為朝が、姫鬼と腕押しなどの勝負をして勝ち、さらに大勢の鬼を相手に首引きをして勝つ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

首引
くびひき

狂言の曲名。鬼狂言。鎮西八郎為朝(ちんぜいはちろうためとも)(大蔵流では鎮西ゆかりの者)が西国から都へ上る途中、鬼に襲われる。親鬼(シテ)は自分の娘の姫鬼に人の食い初(ぞ)めをさせようと呼び出す。姫鬼は親鬼に促されて為朝に近寄るが、扇でたたかれて恐れをなす。為朝は、勝負をして負けたら食われてやろうといい、腕押しや臑(すね)押しをして、簡単に姫鬼を負かしてしまう。最後に、両者の首に綱をかけて引き合うが、これも姫鬼の形勢が不利なので、見かねた親鬼は一族郎党の鬼を呼び出して加勢させる。為朝はしばらく引き回したのち急に綱を外し、鬼たちを将棋倒しにして逃げ去る。怖い鬼が、父性愛を示したり、人間に負けたりするおかしさを描く。鬼たちは武悪(ぶあく)の面、姫鬼は乙(おと)の面を着ける。[林 和利]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

首引の関連情報