コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禅法 ゼンポウ

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐ぽう〔‐ポフ〕【禅法】

《「ぜんぼう」とも》仏語禅定(ぜんじょう)による修行法。また、禅宗における坐禅の仕方。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんぽう【禅法】

〔「ぜんぼう」とも〕
禅の修行。また、その方法。 「 -に心を懸け神道を極め/戴恩記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

禅法の関連キーワード達磨(禅宗の開祖)仏駄跋陀羅坐禅三昧経月舟宗胡大日能忍孤峰覚明金森宗和高三隆達首楞厳経戴恩記大乗院臨済宗棲霞寺如来禅建仁寺黄竜山善法弁円興行真観

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android