コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香川本鷹

2件 の用語解説(香川本鷹の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

香川本鷹

香川県で生産されるトウガラシ。一般的なタカノツメより一回りほど大きく、色は真赤で強い辛みがある。朝鮮の役の際に塩飽水軍が豊臣秀吉から拝領したものが栽培の始まりとの伝承がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

香川本鷹

タカノツメの一種で、長さは7~8センチ。大ぶりで辛みは強いが独特のまろやかさがある。1960年代まで瀬戸内海沿岸や島で栽培され、七味の材料やピクルス用に欧州へ輸出されていた。その後、安価な外国産に押され、70年代にはほとんど栽培されなくなった。今では手島と荘内半島の約50アールで栽培されている。

(2013-08-27 朝日新聞 朝刊 香川全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

香川本鷹の関連情報