コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荘内半島 しょうないはんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荘内半島
しょうないはんとう

香川県西部,瀬戸内海に突出する半島。別称三崎半島三豊市に属する。備讃瀬戸燧灘を分ける。かつて浦島と呼ばれた島が陸に接続してできたとされる。付近には浦島太郎伝説ゆかりの地名が多い。基盤は花崗岩,閃緑岩。北端では花崗岩類が片麻構造をもち,中部以東では閃雲花崗岩が広く分布し,巨晶花崗岩半花崗岩石英斑岩が貫入する。讃岐岩を産出。温暖な気候を利用した花卉栽培が盛ん。自然休養村センター,大浜海水浴場などがあり,北部の紫雲出山は半島最高峰で眺望に優れ,瀬戸内海国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうない‐はんとう〔シヤウナイハンタウ〕【荘内半島】

香川県北西部、瀬戸内海に突出した半島。三豊(みとよ)市に属する。長さ約12キロメートル、幅3~4キロメートル。最高峰の紫雲出(しうで)山(標高352メートル)には讚岐(さぬき)岩が産出する。浦島太郎伝説地の一つで、生地の生里(なまり)、玉手箱を開けた箱浦、晩年をすごした仁老(にろ)浜など浦島太郎に関する地名が多い。三崎半島。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荘内半島
しょうないはんとう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の荘内半島の言及

【三崎半島】より

…香川県西部,瀬戸内海に北西に突出した半島。詫間町に属するが,旧荘内村の領域であるため荘内半島ともいう。東の備讃瀬戸と西の燧(ひうち)灘を分ける。…

※「荘内半島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

荘内半島の関連情報