コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香炉形土器 こうろがたどき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

香炉形土器
こうろがたどき

縄文土器の器形の一種。脚台の上に円窓あるいは透かし彫のある主体部を載せた形態を特徴とするが,用途は不明。東日本の後期に出現し,特に晩期の亀ヶ岡式に発達した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

香炉形土器
こうろがたどき

香炉の形状をした土器。北海道南西端部渡島(おしま)半島、東北、関東、中部地方東部などの、縄文時代晩期前半の大洞(おおぼら)B、BC式土器の分布圏から出土する。上半部は巧みな透彫文様装飾がなされ、実際に内部でなにかを燃した痕跡(こんせき)があるものもある。南関東地方の晩期初頭の安行(あんぎょう)2式土器には、大洞BC式とは形態を異にした香炉形土器が出土している。大きさは直径、高さともに15センチメートル内外のものが多い。用途は明らかでない。[江坂輝彌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

香炉形土器の関連キーワード大深山遺跡縄文土器

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android