コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

透かし彫 すかしぼりopen work

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

透かし彫
すかしぼり
open work

彫金技法の一種。金属板の一部を鏨 (たがね) や糸のこを用いて切抜き,残った部分で文様をつくる技法。文様透かしと地透かしの2種があり,鋳造や細線細工による透かし文様とは異なる繊細な表現が可能で,多く貴金属細工に応用される。日本でも古くは古墳時代出土品中に作例がみられる。法隆寺の『玉虫厨子』に張られた忍冬唐草透かし彫の金銅金具や,『金銅透彫灌頂幡』 (東京国立博物館) ,正倉院の『銀薫炉』はその代表作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

すかし‐ぼり【透かし彫(り)】

金属・木・石などをくりぬいて文様を表す技法。文様を透かして素地を残す方法(文様透かし)と、文様の周りの素地を透かす方法(地透かし)がある。木彫仏の光背欄間、刀剣の鐔(つば)などに技巧を凝らしたものが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

透かし彫の関連キーワードカラカルパク自治共和国インド・イスラム美術シディサイヤドモスクトレムセンの大モスク西条だんじり彫刻ビスマーク諸島民橘夫人念持仏厨子ディアトレッタ杯リュクルゴス杯安土桃山文化ナスル朝美術トレーサリーウラルトゥ香炉形土器細透かし大阪欄間糸透かし三川内焼赤坂忠正奈良団扇

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android