コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

透かし彫 すかしぼりopen work

2件 の用語解説(透かし彫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

透かし彫
すかしぼり
open work

彫金技法の一種。金属板の一部を鏨 (たがね) や糸のこを用いて切抜き,残った部分で文様をつくる技法。文様透かしと地透かしの2種があり,鋳造や細線細工による透かし文様とは異なる繊細な表現が可能で,多く貴金属細工に応用される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

すかし‐ぼり【透かし彫(り)】

金属・木・石などをくりぬいて文様を表す技法。文様を透かして素地を残す方法(文様透かし)と、文様の周りの素地を透かす方法(地透かし)がある。木彫仏の光背欄間、刀剣の鐔(つば)などに技巧を凝らしたものが多い。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

透かし彫の関連情報