コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬の緯度 うまのいど

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬の緯度
うまのいど

英語のhorse latitudesの訳で、南北両半球とも洋上の30~35度の緯度帯をいう。そこでは風が弱いかあるいは静穏で、暑く比較的乾燥している。亜熱帯無風帯ともいわれ、亜熱帯高気圧の気候学的な主軸の位置に現れるが、太陽高度の変化に伴われて、緯度5度ぐらいの幅で南北に移動する。馬の緯度という名称は、馬を輸送するために大西洋を横断しようとした帆船が、静穏なために航海できなくなり、そのために海に馬を捨てたということに由来するが、これについては異説もある。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の馬の緯度の言及

【風】より

…それより高緯度側に高緯度低圧帯があり,極のまわりは極東風帯となっている。なお中緯度高圧帯は〈馬の緯度horse latitude〉とも呼ばれる。これはスペインから新大陸に向かう馬を積んだ船が,この域内で風がやんでしまって進めなくなり,荷を軽くするために馬を海に投げすて,海面が馬の死体でいっぱいになったということから出ている。…

※「馬の緯度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

馬の緯度の関連キーワード根本順吉大気環流

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android