コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亜熱帯高気圧 アネッタイコウキアツ

4件 の用語解説(亜熱帯高気圧の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あねったい‐こうきあつ〔‐カウキアツ〕【亜熱帯高気圧】

南北両半球の緯度30度付近に、ほぼ一年中存在する温暖高気圧。特に、夏の海洋上で発達する。日本付近では、北太平洋高気圧がこれに当たる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

亜熱帯高気圧【あねったいこうきあつ】

南北両半球の緯度30°付近の亜熱帯にある背の高い温暖高気圧で,中緯度高気圧ともいう。大規模で停滞性のものであり,平均天気図にも現れる。主として海洋上に発達し,大陸上では所々で切れているが,海洋上を東西に帯状に走り,夏は優勢である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

あねったいこうきあつ【亜熱帯高気圧】

亜熱帯に発達する高気圧。主として海洋上に出現し、夏季に最も発達する。北太平洋高気圧・北大西洋高気圧などがその例。中緯度高気圧。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亜熱帯高気圧
あねったいこうきあつ

南北両半球の20度から40度ぐらいの緯度帯にほぼ定常的に存在する高気圧。成因としては、赤道地帯で上昇流、亜熱帯で下降流となる大気大循環規模の垂直循環(大規模な対流)によって、赤道上空から亜熱帯に向かう空気が亜熱帯上空で蓄積、下層の気圧を高めるためと考えられる。主として海洋上に東西に並んで現れるが、その一連の高気圧または気圧の尾根ベルト亜熱帯高圧帯とよぶ。構造的には背の高い温暖高気圧である。夏季に優勢で、出現緯度も夏季のほうが高い。個々の亜熱帯高気圧は、それが存在する海域により北太平洋高気圧、北大西洋高気圧、また圏内の代表的な島の名前から、小笠原(おがさわら)高気圧、ハワイ高気圧、アゾレス高気圧、バーミューダ高気圧などと名づけられる。日本の盛夏の晴天と暑さは亜熱帯高気圧(小笠原高気圧)によってもたらされる。[倉嶋 厚]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の亜熱帯高気圧の言及

【高気圧】より

…海面上の気温の季節変化は大陸に比べて小さいので,年間持続してこの海上の大高気圧ができている。亜熱帯高気圧にも地上2~3kmのところに沈降性の高温で乾燥した気層が現れる。これは貿易風帯の逆転層(温度の鉛直分布がここで逆になるので)とも呼ばれている。…

※「亜熱帯高気圧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone