コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬埒殿 ばらちでん

1件 の用語解説(馬埒殿の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ばらちでん【馬埒殿】

長岡宮,平安宮の馬場の正殿。818年(弘仁9)4月に平安宮で宮殿,院堂の名称を改めた際に武徳殿(ぶとくでん)と改称。現行の《日本後紀》《類聚国史》などの諸書には〈馬垺殿〉と記すが,垺は埒の俗字で,埒が正しい。埒は正しくは〈れつ〉で,〈らち〉は国訓。馬埒は馬場の柵を意味し,騎射を行う際に武徳殿前に設けた南北方向の2列の柵を指すものであろう。毎年恒例の5月5日の端午の節会の騎射を行い,正月17日の大射や7月7日の相撲の節会を行ったこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

馬埒殿の関連キーワード親権邦画活況四川大地震回転ずし業界インジウム皇朝十二銭山家学生式修理職親権文華秀麗集

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone