コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬埒殿 ばらちでん

世界大百科事典 第2版の解説

ばらちでん【馬埒殿】

長岡宮,平安宮の馬場の正殿。818年(弘仁9)4月に平安宮で宮殿,院堂の名称を改めた際に武徳殿(ぶとくでん)と改称。現行の《日本後紀》《類聚国史》などの諸書には〈馬垺殿〉と記すが,垺はの俗字で,埒が正しい。埒は正しくは〈れつ〉で,〈らち〉は国訓。馬埒は馬場の柵を意味し,騎射を行う際に武徳殿前に設けた南北方向の2列の柵を指すものであろう。毎年恒例の5月5日の端午の節会の騎射を行い,正月17日の大射や7月7日の相撲の節会を行ったこともある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

馬埒殿の関連キーワード競馬(くらべうま)

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android