馬場殿(読み)ウマバドノ

デジタル大辞泉の解説

うまば‐どの【馬場殿】

騎射(うまゆみ)競(くら)べ馬を見るために、馬場の中央に設けられた殿舎宮中では武徳殿をいう。うまばのおとど。

ばば‐どの【馬場殿】

うまばどの」に同じ。
「これを捕り奉り、則ち―に押し籠め奉る」〈太平記・一二〉

うまば‐の‐おとど【馬場殿】

うまばどの」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うまば‐どの【馬場殿】

〘名〙 馬場の埒(らち)の中央に設け、騎射(うまゆみ)を見分する殿舎。特に宮中では武徳殿をいい、五月端午の節会(せちえ)の騎射の見分の座となった。うまばのとの。うまばのおとど。ばばどの。
※宇津保(970‐999頃)吹上上「むまば殿〈略〉かたはらに、西、東の御厩、別当、預かりことことしう、御馬十つつ」

ばば‐どの【馬場殿】

※太平記(14C後)一二「之を捕り奉り、則ち馬場(ババ)殿に押籠め奉る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の馬場殿の言及

【武徳殿】より

…《和名抄》によれば〈むまきどの〉と訓ずる。また馬場殿とも記す。818年(弘仁9)以前には馬埒殿(ばらちでん)と称した。…

※「馬場殿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報