馬島重常(読み)まじま しげつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

馬島重常 まじま-しげつね

?-1527 戦国時代の眼科医。
尾張(おわり)(愛知県)馬島医王山薬師寺の馬島流眼科の別流大智坊馬島派の祖。後柏原天皇の皇子の眼病をなおし,法印の位と大智坊の称をあたえられる。大永(たいえい)7年死去。以後12代つづいた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android