馬淵鋭太郎(読み)まぶち えいたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

馬淵鋭太郎 まぶち-えいたろう

1867-1943 明治-大正時代の官僚。
慶応3年1月生まれ。山形,山口,三重,広島の県知事をへて,大正7年京都府知事となる。米騒動鎮圧,淀川改修,伝統産業の近代化につとめた。10年京都市長となり,中央卸売市場の設置,万国博参加五十年記念博覧会の開催を推進した。昭和18年9月13日死去。77歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。帝国大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android