コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬詰親音 うまづめ もとね

美術人名辞典の解説

馬詰親音

江戸中・後期の土佐藩士・町奉行経世家。号は馬親親・松堂・南洋。和歌を冷泉為泰萩原宗固等に学ぶ。好学の士で、藩主豊雍・豊策に仕え藩政に功績があった。また甘庶の生産を図り、就中砂糖の製法を伝え、専売法を創始した。文化4年(1807)歿、60才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

馬詰親音 うまづめ-もとね

1748-1807 江戸時代中期-後期の武士,歌人。
寛延元年10月20日生まれ。土佐高知藩士。山内豊雍(とよちか)・豊策(とよかず)に起用され,教授方頭取,町奉行などをつとめた。製糖業の開発,城下町の鑿井(さくせい),社倉の建設,貸本業の開業など民生につくす。和歌を烏丸卜山(からすまる-ぼくざん)らにまなび,しばしば歌会をひらいた。文化4年1月24日死去。60歳。別名に親友,親親(みちか)。字(あざな)は廷和。通称は権之助。号は松堂,南洋。著作に「南洋筆剰」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

馬詰親音 (うまづめもとね)

生年月日:1748年10月20日
江戸時代中期;後期の財政家、歌人
1807年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

馬詰親音の関連キーワード高知県高知市追手筋山内豊策生年月日財政家

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android