馬飼料(読み)うまかいりょう

  • うまかいりょう うまかひレウ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 中世、荘園領主や地頭などが課した雑税。
※高野山文書‐建治元年(1275)五月日・阿氐河庄上村百姓等訴状案「地頭方御馬飼料、一切無先例
② 江戸幕府の厩方役人中の馬方へ渡される飼育料。
※財政経済史料‐八・官制・勘定所職制雑・延享二年(1745)「一、御馬飼料直段吟味之事」
③ 江戸幕府の定火消(じょうびけし)与力に与えられた雑俸の一つ。
※吏徴(1845)下「火消与力六十人。〈略〉御手当金廿両馬飼料一日大豆三升」
④ 江戸時代、有事の際に家中の馬持ちの士へ支給される馬の飼料。口付き人夫(馬丁=馬一頭に二人)の扶持を含む。
※尾藩大寄合方触‐寛政一一年(1799)「一、馬飼料米被下候輩之儀、以来馬飼料拾四両充、金子に而相渡候事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる