馬鹿と鋏は使いよう(読み)ばかとはさみはつかいよう

ことわざを知る辞典「馬鹿と鋏は使いよう」の解説

馬鹿と鋏は使いよう

はさみは上手に使えば切れるが、下手な使い方をすると切れるものも切れなくなる。愚かはどうにもならないようだが、やはり使い方しだいでに立つことがある。

[使用例] 「それにこの頃では生意気になって、大人にを立たせますよ」「いや馬鹿とは使いようだ」[三遊亭円朝*落語・にゅう|1890]

[解説] はさみといえば、今日ではふつう西洋ばさみを思い浮かべますが、和ばさみ念頭においた表現でしょう。和ばさみは、親指と人差し指で握るようにして使いますが、こつを知らないとなかなかうまく切れません。ただし、主眼は後のほうで、「馬鹿」とあからさまに口にするのを避けて、「何とかと鋏(鋏となんとか)は使いよう」ということも多いことばです。各地にさまざまな異形があります。

〔異形〕馬鹿と剃刀かみそりは使いよう

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「馬鹿と鋏は使いよう」の解説

ばか【馬鹿】 と 鋏(はさみ)は使(つか)いよう

はさみは使い方によって切れたり切れなかったりするし、ばかな者でも、使い方さえよければ役に立つ。
※落語・にゅう(1890)〈三遊亭円朝〉「『夫(そ)れに此頃では生意気に成って、大人に腹を立たせますヨ』『イヤ馬鹿と鋏は使ひやうだ』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「馬鹿と鋏は使いよう」の解説

馬鹿ばかはさみ使つかいよう

切れない鋏にも使いようがあるように、ばかも使い方しだいでは役に立つ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android