コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馮勝 ふうしょうFeng Sheng; Fêng Shêng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馮勝
ふうしょう
Feng Sheng; Fêng Shêng

[生]?
[没]洪武28(1395)
中国,明建国の功臣。「ひょうしょう」とも読む。定遠 (安徽省定遠県) の人。初名は国勝,のち宗異,最後に勝と改めた。元末,兄の馮国用とともに洪武帝の軍に投じて戦功をあげた。国用は帝に金陵 (南京) を根拠地とすることをすすめて信任を受け,親軍都指揮となったが戦死した。勝はその跡を継ぎ,親軍を率いて各地で勝利をあげ,宋国公に封じられた。洪武 20 (1387) 年には遼東で反明抵抗を続けるナガチュ (納哈出) を討つ大功を立て,明の建国に尽したが,のち小過を理由に洪武帝に殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

馮勝の関連キーワード嘉峪関北元藍玉

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android