コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駒木根八兵衛 こまぎね はちべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

駒木根八兵衛 こまぎね-はちべえ

?-1644 江戸時代前期の砲術家。
飛騨(ひだ)(岐阜県)の人。ながく種子島(たねがしま)にすんで砲術をまなび,駒木根流を創始する。元和(げんな)7年(1621)紀伊(きい)和歌山藩につかえた。正保(しょうほ)元年死去。名は政澄。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

駒木根八兵衛の関連キーワードウルバヌス崇禎帝小西マンショウルバヌス崇禎帝正保インノケンチウス10世コルネイユ(Pierre Corneille)スペイン音楽天王寺(東京都)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android