コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨盤結合織炎 こつばんけつごうしきえん parametritis

1件 の用語解説(骨盤結合織炎の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こつばんけつごうしきえん【骨盤結合織炎 parametritis】

女性にみられる感染症で,骨盤壁と骨盤底筋膜,骨盤腹膜の間で,子宮,膀胱,直腸の周囲間隙を埋める結合組織蜂巣炎骨盤結合組織炎ともいう。ここには子宮からのリンパ管が豊富に分布し,これを介して菌が侵入することがおもな原因であるが,菌が頸管裂傷から直接達することもある。したがって分娩時の軟産道損傷から発病する場合のほか,人工妊娠中絶後の感染や,避妊器具などの子宮内操作も誘因となる。発病は比較的緩慢で,軽症の場合はめだった症状を欠く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

骨盤結合織炎の関連キーワード黄熱骨盤指定感染症検疫感染症二次感染骨盤臓器脱児頭骨盤不適合五口舌虫感染細菌性感染症骨盤指数

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone