戦慄(読み)わななく

精選版 日本国語大辞典「戦慄」の解説

わなな・く【戦慄】

〘自カ五(四)〙
① 恐れや緊張、また、寒さ、病気などのために、体、手足などが小刻みにふるえる。ぶるぶるふるえる。(せんりつ)する。おののく。
古事記(712)中「手足和那那岐弖(ワナナキテ)〈此の五字は、音を以ゐる〉得殺したまはざりき
※狭衣物語(1069‐77頃)二「御几帳の中をすべり出でさせも、わななかれて、とみにも動かれさせ給はざりけり」
② 音や声がふるえる。ふるえ声になる。
(10C終)一四二「神楽のおもしろくわななき吹きすまされてのぼるに」
③ 整然とした形にならないで、乱れた状態になる。ざわめく。動揺する。
落窪(10C後)二「下臈の物見んとわななき騒ぎ笑ふこと限りなし」
[補注]恐怖のため震えるのを表わす語には、ほかにヲノノクがあり、これは、ワナナクの母音交替した形と考えられる。

わななかし【戦慄】

〘形シク〙 (動詞「わななく(戦慄)」の形容詞化) 恐れや緊張などのため、ふるえが起こりそうになるほどである。
※夜の寝覚(1045‐68頃)一「物などを言ひまぎらはし、さらぬ顔にと思ふ心地も、いとわななかしくわびしけれど」

わななき【戦慄】

〘名〙 (動詞「わななく(戦慄)」の連用形の名詞化) ふるえること。恐れや緊張などのため、からだや声がふるえること。せんりつ。
※宇津保(970‐999頃)蔵開下「水のわななきして、汗にしとどに濡れて、かがまり伏し給へれば」

わななか・す【戦慄】

〘他サ四〙 わななくようにする。恐れや緊張などのため、からだや声をふるえさせる。
※古本説話集(1130頃か)四四「いで、さは詠めといへば、もなく、わななかして、うち出だす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「戦慄」の解説

【戦慄】せんりつ

おそれおののく。〔戦国策、楚四〕襄王之れを聞き、顏色變作し、身體戰慄す。(ここ)に於て、乃ち執珪(しつけい)を以て之れ(荘辛)に授けて陽陵君と爲し、淮北の地を與ふ。

字通「戦」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android