コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骸晶 がいしょうskeletal crystal

岩石学辞典の解説

骸晶

結晶の隅および稜の部分のみが急速に成長して,結晶面の中央部の成長が遅れたために面が形成されず,その結果凹んだ不完全な面に囲まれた結晶の形状をいう.不完全な結晶の形で特定の方向のみに成長するか,または平行連晶の集まった形となるもので,枝分れした中空の形や燕尾服のような形を示すことがある[Rosenbusch : 1887, Hatch : 1888].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

骸晶【がいしょう】

結晶面上に凹所のある結晶。雪,岩塩赤銅鉱の結晶などに広くみられる。稜の部分の成長が速いために生ずるが,地下水などによる食像に相当する凹所ができることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

骸晶の関連キーワードスピニフエックス組織インピンジメントカルクアレナイトウルボスピネルクレイニュア岩チアスモライト樹枝状表面成長表面成長組織アギラル鉱自然硫黄連晶組織褐鉄鉱

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android