コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枯淡 コタン

デジタル大辞泉の解説

こ‐たん【枯淡】

[名・形動]
人柄・性質などがあっさりしていて、しつこくないこと。世俗的な名利にとらわれないで、さっぱりしていること。また、そのさま。「枯淡な(の)境地」
書画・文章などに俗っぽさがぬけ、あっさりとした中に趣があること。また、そのさま。「枯淡な画風」
[派生]こたんさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こたん【枯淡】

( 形動 ) [文] ナリ 
人柄などが練れて、淡々とした中にも深みのあるさま。書画・詩文などが、あっさりとして趣のあるさま。 「 -な味わい」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

枯淡の関連情報