コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枯淡 コタン

デジタル大辞泉の解説

こ‐たん【枯淡】

[名・形動]
人柄・性質などがあっさりしていて、しつこくないこと。世俗的な名利にとらわれないで、さっぱりしていること。また、そのさま。「枯淡な(の)境地」
書画・文章などに俗っぽさがぬけ、あっさりとした中に趣があること。また、そのさま。「枯淡な画風」
[派生]こたんさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こたん【枯淡】

( 形動 ) [文] ナリ 
人柄などが練れて、淡々とした中にも深みのあるさま。書画・詩文などが、あっさりとして趣のあるさま。 「 -な味わい」
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

枯淡の関連キーワード乾びる・涸びる・枯らびる・嗄びる片岡 仁左衛門(11代目)片岡仁左衛門(11代)サン・ジャン大聖堂風流(ふうりゅう)松本 金太郎日本文化私観鬢糸茶烟の感デ・ラ・メア野口 兼資小川 芋銭新海竹太郎松花堂昭乗吉田 玉市さび(寂)猪原 大華川崎小虎山田道安足利紫山華叟宗曇

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

枯淡の関連情報