コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高向麻呂 たかむこの まろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高向麻呂 たかむこの-まろ

?-708 飛鳥(あすか)時代の公卿(くぎょう)。
高向国押の子。天武天皇13年遣新羅(しらぎ)大使となり,新羅(朝鮮)にいく。翌年学問僧観常らをともなって帰国,新羅王の献上物をもたらした。中納言となり,摂津大夫(だいぶ)をかねた。従三位。和銅元年閏(うるう)8月5日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高向麻呂

没年:和銅1.閏8(708)
生年:生年不詳
7世紀後半の公卿。国押の子。摩呂とも書く。天武天皇10(681)年小錦下を授けられ,13年遣新羅大使に任命され新羅に赴いた。大宝2(702)年には朝政への参議を命じられ,慶雲2(705)年には中納言。和銅1(708)年摂津大夫となった。死去時は従三位。

(橋本義則)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

高向麻呂の関連キーワード高向国押紀麻呂あすか没年

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android