コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高圧化学 こうあつかがく high pressure chemistry

2件 の用語解説(高圧化学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高圧化学
こうあつかがく
high pressure chemistry

物質の物理的化学的諸物性や変化を支配する因子として温度と圧力が重要であるが,特に高い圧力が化学反応,諸物性に及ぼす影響を研究する化学を高圧化学という。ハーバード大学の P.W.ブリッジマンが先駆者であり,ピストンシリンダを巧みに組合せた装置で 40GPaの高圧発生に成功した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうあつかがく【高圧化学】

高圧下(10~104 気圧程度)の物質の構造・性質、化学反応などを研究する化学の一分野。ダイヤモンドやセラミックスの製造、アンモニア・ポリエチレンの重合などに利用される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高圧化学の関連キーワード感光性樹脂構造化学物性物理学物性論化学的物性物理変化指示電極ハザード(危害要因)物性化学

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone