コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高地ドイツ語 こうちドイツごHigh German language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高地ドイツ語
こうちドイツご
High German language

ドイツの中部南部で話されるドイツ語。中部の方言 (中ドイツ語) と南部の方言 (上ドイツ語) とに区分でき,中部方言が,16世紀以来標準ドイツ語の基盤となった。6世紀頃に高地ドイツ語子音推移,あるいは第2次子音推移と呼ばれる子音の変化が起ったことにより,低地ドイツ語と分れた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の高地ドイツ語の言及

【ドイツ語】より

…ドイツ語はまた,ルクセンブルク大公国において書き言葉として用いられ,東欧各地においては孤立言語圏を形成している。ドイツ語は,系統的にはゲルマン語派の中の西ゲルマン語に属し,ドイツ南部・中部の高地ドイツ語と,ドイツ北部の低地ドイツ語に大きく分けられるが,その中でも,標準ドイツ語の基礎をなす高地ドイツ語は,上部ドイツ語に属するバイエルン方言・アレマン方言・南ラインフランク方言・東フランク方言,中部ドイツ語に属する中部フランク方言・ラインフランク方言・東中部ドイツ語諸方言より形成される。この上部ドイツ語と中部ドイツ語の区別は第2次子音推移(語頭,子音の後,子音重複の場合に,pがpfに,tがz[ts]に,kがch[kx]に変化する)の中で,pからpfへの変化が起こっているかどうかという基準による。…

※「高地ドイツ語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高地ドイツ語の関連キーワードティル・オイレンシュピーゲルハインリヒ[フェルデケの]シュワーベンシュピーゲル平行棒(体操競技)コート(衣服)リボニア年代記ゲルマン語派ミンネザングデンマーク語グリムの法則中高ドイツ語古高ドイツ語ドイツ文学スイス文学アグリコラユンカーエルフベーデ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android