コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高岡隆心 たかおか りゅうしん

2件 の用語解説(高岡隆心の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

高岡隆心

高野山管長、金剛峰寺座主。新潟の人。瀬下清兵衛次男、得度、宗会議員、修道院長、高野山大学々長等の要職を歴任。管長に就任した稀に見る高僧である。昭和14年(1939)寂、74才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高岡隆心 たかおか-りゅうしん

1867*-1939 明治-昭和時代前期の僧。
慶応2年12月15日生まれ。真言宗高野山高岡増隆のもとで出家。宗門の教育に尽力し,大正15年高野山大初代学長に就任。昭和9年高野山金剛峰寺(こんごうぶじ)座主(ざす),古義真言宗管長となった。昭和14年10月19日死去。74歳。越後(えちご)(新潟県)出身。高野山古義大学林卒。俗姓は滝下。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

高岡隆心の関連キーワード黒田長成串田万蔵倉知誠夫桑田寛随藤堂高成中川泉三橋本実穎三代芳松武藤虎太毛利高範

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone