コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高島義恭 たかしま よしたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高島義恭 たかしま-よしたか

1853-1926 明治-大正時代の実業家。
嘉永(かえい)6年生まれ。西南戦争で西郷軍にくわわり,敗れて入獄。出獄後佐々友房らと紫溟(しめい)会を組織して政治運動をおこなう。のち実業界に転じ,門司築港会社を創立して取締役となり,明治35年朝鮮釜山埋築会社を設立した。大正15年11月8日死去。74歳。肥後(熊本県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高島義恭の関連キーワード大正時代実業家嘉永

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android