コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高崎親章 たかさき ちかあき

2件 の用語解説(高崎親章の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高崎親章 たかさき-ちかあき

1853-1920 明治-大正時代の官僚。
嘉永(かえい)6年5月1日生まれ。高崎親広の長男。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。明治8年警視庁警部補となる。翌年鹿児島に出張中私学校生徒に捕らえられ,政府軍に救出された。茨城,長野,岡山,宮城,京都,大阪の各府県知事をつとめ,36年貴族院議員。大正9年12月27日死去。68歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高崎親章

没年:大正9.12.27(1920)
生年:嘉永6.5.1(1853.6.7)
明治大正期の地方官,政治家。鹿児島藩士高崎親広の子として生まれ,維新後上京して巡査となる。西南戦争(1877)では政府側として鹿児島に乗り込むが,私学校側に監禁され,のち救出される。ただし,父親広は息子に情報を提供したとしてやはり捕まり,斬殺されている。その後,内務省警保局長,茨城,長野,岡山,宮城,京都,大阪の各知事を歴任,また明治36(1903)年に貴族院議員に勅選される。西南戦争での行動でも分かるように,終始国家に忠実な警察・内務官僚であった。

(季武嘉也)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高崎親章の関連キーワード中井桜洲松山松根地方官祷苗代折田兼至樺山資美蒲生仙鮫島重雄千田貞暁永井作次

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone