コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高志内親王 こしないしんのう

2件 の用語解説(高志内親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高志内親王 こしないしんのう

789-809 奈良-平安時代前期,桓武天皇の第2皇女。
延暦(えんりゃく)8年生まれ。母は藤原乙牟漏(おとむろ)。平城(へいぜい)・嵯峨(さが)両天皇の同母妹。大伴(おおとも)親王(のちの淳和(じゅんな)天皇)の妃となり,恒世(つねよ)親王と,氏子,有子,貞子の各内親王を生む。大伴親王即位以前の大同(だいどう)4年5月7日死去。21歳。弘仁(こうにん)14年(823)皇后を追贈される。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高志内親王

没年:大同4.5.7(809.6.23)
生年:延暦8(789)
平安前期の桓武天皇と藤原乙牟漏の皇女。平城天皇,嵯峨天皇の同母妹。第2皇女。延暦20(801)年加笄(女性の成年式)。桓武天皇に鍾愛され,同天皇の第3皇子大伴親王(淳和天皇)の妃となる。23年三品となった。翌年には恒世親王を生み,また氏子内親王,有子内親王,貞子内親王らを生んだ。大同4(809)年21歳で没したのち一品を贈られた。弘仁14(823)年淳和天皇即位におよび,皇后を追贈された。その墓所である石作陵は京都市西京区大原野町石作町の地に当たるが,所在は不明である。

(谷口美樹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高志内親王の関連キーワード伊都内親王日本後紀藤原乙牟漏安倍子美奈為子内親王百済教法高津内親王多治比賀智藤原旅子藤原平子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone