コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高望王 たかもちおう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高望王
たかもちおう

桓武天皇の曾孫で賜姓の皇族。桓武平氏の祖。父は葛原親王の王子高見王。従五位下,上総介。寛平2 (890) 年 (一説には 889年ともいう) 平朝臣の姓を賜わる。退任後も現地に土着し,広大な私営田領主として関東の地に強大な勢力を築いた。平将門平忠常平清盛も高望の系統で,さらに土肥,畠山,千葉など,いわゆる坂東八平氏や北条氏などもこの系統から出ている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

たかもちおう【高望王】

桓武平氏の祖。桓武天皇の曽孫。高見王の子。889年平姓を与えられて上総介に任じられ、関東に土着。生没年未詳。平高望。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高望王
たかもちおう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の高望王の言及

【桓武平氏】より

…賜姓平氏のうち桓武天皇の皇子・皇孫に系譜をもつものの称(図)。桓武平氏に葛原(かつらはら)親王流・万多(まんだ)親王流・仲野親王流・賀陽(かや)親王流などがあり,さらに葛原親王流も高棟(たかむね)王流と高望(たかもち)王流とに分かれる。しかし,一般にはこれらの諸流のうちとくに高望王流の平氏を桓武平氏という場合が多い。…

※「高望王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報