高木顕明(読み)たかぎ けんみょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高木顕明 たかぎ-けんみょう

1864-1914 明治時代の社会運動家。
元治(げんじ)元年5月21日生まれ。和歌山県新宮の真宗大谷派浄泉寺の住持大石誠之助らと交流し社会主義に接近,非戦・廃娼(はいしょう)・部落解放をとなえる。明治43年大逆事件に連座し,44年死刑判決,特赦無期懲役。大正3年6月24日秋田監獄で自殺した。51歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。旧姓は山田。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高木顕明の関連情報