コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高松重季 たかまつ しげすえ

2件 の用語解説(高松重季の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

高松重季

江戸中期の公卿。京都生。高松家祖。武者小路実陰の次男。和歌を父実陰に学ぶ。参議正三位。延享2年(1745)歿、48才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高松重季 たかまつ-しげすえ

1699*-1745 江戸時代中期の公卿(くぎょう)。
元禄(げんろく)11年12月24日生まれ。武者小路実陰(むしゃのこうじ-さねかげ)の次男。父実陰が武者小路家をついだため中絶していた高松家を,享保(きょうほう)10年霊元上皇の勅命により再興する。正三位,参議。延享2年10月8日死去。48歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

高松重季の関連キーワード油小路隆貞広橋伊光樋口基康風早公長久我通兄庭田重孝三条西公福久我惟通二条重良山田灌水