コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高柳又四郎 たかやなぎ またしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高柳又四郎 たかやなぎ-またしろう

1808-? 江戸時代後期の剣術家。
文化5年生まれ。父に家伝の戸田流小太刀をまなび,陸奥(むつ)水沢(岩手県)の藤木道満(どうまん)から戸田流林田派15代の免許をうける。江戸の一刀流中西道場で修行,寺田宗有白井亨とともに中西門の三名人と称され,「音無しの構え」で知られた。名は義正,利辰。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高柳又四郎
たかやなぎまたしろう
(1808―?)

幕末の名剣士。名は義正(よしまさ)または利辰(としとき)。飛騨(ひだ)郡代を勤めた高柳左京亮定用(さきょうのすけさだちか)の二男。高柳の家は戸田(とだ)流の小太刀(こだち)を家伝とし、祖父の定常(さだつね)は、梶(かじ)派一刀流・東軍新当(とうぐんしんとう)流を兼修して、一派を称するほどの腕前であったという。又四郎は幼少から父について家伝の小太刀を学んだが、1823年(文政6)16歳のとき、回国修行のため出奔し、やがて奥州水沢(みずさわ)在の藤木兵助道満(へいすけどうまん)(1748―1827)方に至り、これに師事すること3年、戸田流林田(はやしだ)派15代の免許を授けられた。のち江戸に出て直心影(じきしんかげ)流男谷(おだに)精一郎に随身し、さらに一刀流の中西道場で技(わざ)を磨き、寺田五右衛門宗有(むねあり)・白井亨(しらいとおる)とともに「中西門の三名人」とよばれた。[渡邉一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高柳又四郎の関連キーワード中西派一刀流千葉周作

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android