コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋周桑 たかはし しゅうそう

2件 の用語解説(高橋周桑の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

高橋周桑

日本画家。愛媛県生。名は千恵松。速水御舟に師事する。山本丘人上村松篁福田豊四郎吉岡堅二らと創造美術を結成。御舟の画風を継承し、後年は装飾性も加味した。また、法隆寺金堂壁画模写にも従事した。日本美術院賞受賞。日本美術院院友・新制作協会会員。院展無鑑査。昭和39年(1964)歿、63才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋周桑 たかはし-しゅうそう

1900-1964 昭和時代の日本画家。
明治33年12月23日生まれ。速水御舟(はやみ-ぎょしゅう)に師事する。昭和3年院展で「春閑」が初入選。のち日本美術院院友,23年無鑑査となるが,同年橋本明治,山本丘人らと在野の日本画団体創造美術を結成。晩年は武智鉄二作品の舞台装置なども手がけた。昭和39年2月27日死去。63歳。愛媛県出身。本名は千代松。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

高橋周桑の関連キーワード松本姿水森白甫長谷川玉粹鬼頭如石押田翠雨神阪松濤酒井亜人山岡良文山崎豊(3)山下巌

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone