コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋白山 たかはし はくざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋白山 たかはし-はくざん

1837*-1904 幕末-明治時代の漢学者,教育者。
天保(てんぽう)7年12月生まれ。信濃(しなの)(長野県)高遠藩儒官。16歳で藩校進徳館の助教となる。明治にはいり私塾や長野県,新潟県の中学校,師範学校でおしえた。明治37年3月10日死去。69歳。名は利貞。字(あざな)は子和。通称は敬十郎。著作に「白山楼詩鈔」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高橋白山の関連キーワード寄藤 好実明治時代高橋確斎高橋作衛漢学者教育者幕末天保

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android