コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋英夫 たかはし ひでお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋英夫 たかはし-ひでお

1930- 昭和後期-平成時代の文芸評論家。
昭和5年4月30日生まれ。小林秀雄の影響をうける。昭和43年「折口学の発想序説」を発表。46年「批評の精神」で亀井勝一郎賞,51年「役割としての神」で芸術選奨,57年「志賀直哉―近代と神話」で読売文学賞,60年「偉大なる暗闇」で平林たい子文学賞。平成9年芸術院賞。18年「時空蒼茫」で藤村記念歴程賞。22年「母なるもの―近代文学と音楽の場所」で伊藤整文学賞。東京出身。東大卒。著作はほかに「ミクロコスモス」,訳書にホイジンガーホモ・ルーデンス」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高橋英夫の関連キーワード私小説(わたくししょうせつ)本居宣長(小林秀雄の評伝)長谷川 泰子影のない女ケレーニーホイジンガ阿部和重私小説論手塚富雄高橋健二茅野蕭々新関良三成瀬無極上林暁遊戯

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android